最近よく聞くライトニングトーク(LT)ってなに? 知らなかったので調べてみた

こんにちは。中島です。

弊社では新しい試みとして、4月から「ライトニングトーク」を社員全員でやっていこうじゃないか!という話になりました。

いいですね〜とニコニコしながら聞いていたのですが、頭の中では「ライトニングトークとは?」という状態でした。

これはまずい。

慌てて調べたことを忘れないようにこちらにまとめてみました。

ライトニングトーク(LT)とは

ライトニングトークは英語だとLightning Talkと書きます。
略してLTと呼ばれていたりします。

Google翻訳したら「雷トーク」と出てきたのですが、
雷について語り合う「カミナリトーーク!」的なやつではないみたいです。

5分間という短い時間で素早く簡潔に行うプレゼン形式のことだそうです。

ピカッと一瞬だけ光る雷のような素早いトークということか…かっけえ…!!

ライトニングトークのはじまり

YAPC (Yet Another Perl Conference) で使われたのを始まりに、技術系のカンファレンスや勉強会で多く使われる言葉になっていったそうです。

考案者Mark J. Dominusさんの説明がこちらに。
Lightning Talks

こちらを日本語訳してしてくれてるのがこちらに。
Shibuya Perl Mongers : What are Lightning Talks?

トークはたったの5分なんですから、シリアスに考える必要はな いのです。なにか簡単に、面白いことをしゃべって、急いで檀上からおりるの です。もっと聞きたい人がいれば、後で廊下あたりであなたを捕まえてくるで しょう。
11個のトークがすべて、わあわあとわめきちらすものだったら、わたしはとっ ても幸せです。

引用:Shibuya Perl Mongers : What are Lightning Talks?

この文章がめっちゃ好きです!!!

プレゼン内ですべてを話そうとせず、誰かが興味を持ってくれるきっかけを話せればOKということですね!

わたしも廊下で引き止められてわあわあわめきちらしてくれるようなライトニングトークを作りたいものです!

ライトニングトークの内容

ライトニングトークの言葉の意味はわかってきたけれど、じゃあいざどうしたらよいのでしょうか。

時間が5分と限られていますので、要点をおさえて発表することが大切みたいですね。

シンプルに、面白く、わかりやすく。

……それが一番むずかしいよ!!

…と危うくキレかけましたが、

あまり難しく考えすぎず、「自分がおもしろいと思ったことを、ちょこっと伝える」という感覚が重要なのではないのでしょうか。

落ち着きましょう…そう、あれです、いつもやってるあの感覚に似ています…

業務の中で不意に面白いサイトなんかを見つけた時に、思わず隣の人に話しかけちゃうあの感じ…!

それならよくやってます!

背伸びせず、自分が興味ある範囲で面白いと思える小さなタネみたいなものを見つけていきましょう〜!

ライトニングトーク用のスライド作成ツール

話したいことが決まったら、スライド作りです。

WindowsならPowerPoint、MacならKeynoteというのが王道かと思いますが、
「WindowsでOffice持ってないよ〜」という人には、Googleスライドがオススメです。

Google スライド
Google スライド

これなら、家のパソコンで作成して、電車の中でスマホでちょっと直し〜なんてことも出来て便利です。

デザイナーさんはAdobe XDで作るというのもよいのではないでしょうか。

Adobe XD体験版ダウンロード
Adobe XD体験版ダウンロード | UI/UXデザイン、プロトタイプ、共同作業ツール

いつも使わないスライドツールを使って「なんで勝手にシャドウつくの??何このアニメーション???」とイライラするより、使い慣れたソフトでサクサク〜っと作っちゃってこそのライトニングトークでは!

アートボードごとにスライドの画像を作成して、「プレビュー用に共有」を押すとURLが発行できます。

XD プレビュー用に共有

それをブラウザから見ると、スライド形式で表示されているかと思います。

XD ブラウザ表示

これなら、発表もバッチリですね〜

Adobe XDは無料版もあるので、これまで使ったことなかった方も是非!

他にも便利なツールや素材集など、こちらのまとめがわかりやすかったです。
ライトニングトーク準備の参考資料まとめ – Qiita

ライトニングトークの正体もわかってきたところで…社内の発表会に向けて、資料を作っていかないと…!

それでは、皆さんも良いライトニングトークを!

The following two tabs change content below.
なかじま

なかじま

中島宏美
駆け出しのWEBデザイナー/ライター。ジャンクフードをよく食べています。